MENU

単身で近距離の引越しを格安でする方法とは

一般的に単身で近距離の引越しは料金も安いのが普通です。荷物が単身なら安くなるのが当たり前ですし。転居先が近距離の場合は、移動時間が少なくて済むために引っ越しに掛かる作業時間も大きく短縮できるため引越し業者としても安い見積もりを出さざるを得ない好条件と言えます。

 

ただし引っ越しすることになる時期によっては、自分が想像していたよりも高い料金での見積もりを受ける可能性もあります。

 

このサイトでは単身で近距離の引越しを確実に安い料金で契約する為の方法をご紹介したいと思います。

単身で近距離の引っ越しでも高いのが繁忙期です

一年で一番料金が高いのが引越しの繁忙期と呼ばれる3月4月です。この時期だけはいかに条件が良い単身で近距離の引越しであっても相場より高い料金を取られる可能性が高いです。

 

繁忙期は学校の入学、卒業に加えて新社会人の入社や異動も重なり、閑散期とは比較にならないほど引っ越しの件数が増えます。料金が高いだけならまだしも少しでも引越し業者への依頼が遅くなると、予約を断られることも珍しくありません。

 

とは言え、断わってくれる引越し業者はまだましかもしれません。中には自社では既に回れないのに、他社へ下請けする前提で利益を上乗せした高い料金で見積もる引越し業者だっています。

 

他にもアルバイトが足りなくて、より人件費が高い派遣会社に依頼することを前提で高い料金を提示してくる引越し業者だっています。

 

私が現場に出ていた当時では、一人分の単身の市内の引っ越しでも繁忙期で5万円の料金を提示していたこともありました。昨今では考えられない高い料金です。

 

このような場合の一番のおすすめな方法は繁忙期を外して引越しすることです。繁忙期に関してはどれだけ頑張って値引き交渉をしても限界があります。

 

どうしても繁忙期を外せないのなら、同じ日でもより安い午後便やフリー便を狙うのも一つの手です。特に繁忙期は到着時間が遅れがちになり、作業完了が遅くなる可能性もありますが、単身で近距離の引越しであれば作業さえ始まれば極めて短時間で終了するでしょう。

 

繁忙期には必要最低限のダンボールのみを宅配便で運び、大型家具や家電は時期をずらして運ぶのも良いでしょう。

 

引越し料金が安い時期とは
繁忙期さえ外せば、いつでも引越し料金が安いという訳ではありません。まず繁忙期といっても最も忙しくなるのは3月下旬から4月上旬に特に集中します。3月上旬と下旬では大きな料金差がある場合があります。

 

それ以外の月にずらせる場合でも、一般的に下旬は忙しい傾向にあります。また金曜日を含む週末や祝日、大安や友引などの日柄の良い日も引っ越しが集中する可能性がある日です。安い時期狙いであれば、それらの人気日を外していきましょう。

繁忙期で安い料金の引越し業者だったら
普段は引越しを請け負っていない運送会社の可能性があります。引越しの専用資材を持っていなく、作業面でも不安が残るために大切な荷物を任せるのにおすすめできません。

少ない荷物の引っ越しは単身専用プランがおすすめです

特に少ない荷物の場合は引越し業者によって様々な専用プランを設けており、その内容によっては料金差が大きくなる可能性があります。

 

単身パックや単身プラン、シングルパックなどの名称で各社単身荷物の引っ越しを受け付けていますが、一番の違いは基本料金で運べる荷物量です。

 

例えば、ヤマトや日通の単身パックは専用のカゴ台車に載るか載らないかが一つの料金の目安になります。また安いと評判の赤帽などの軽トラを使った引越し業者も1台のトラックで載りきらないと2台が必要になったり、往復作業によりとたんに料金が上がってしまいます。

 

この場合に気を付けなければいけないことは、容量はもちろんのこと積み重ねしやすい荷物であるかどうかです。自転車やベッドなどの積み重ねしにくい荷物があれば、小さなスペースに収めることは難しくなります。

 

段ボールに関しても、できるだけサイズを揃えて、積み重ねしても荷崩れしない頑丈な物に梱包することが必要になってきます。

 

ここで大切なことは、自分の荷物量を見極め最も効率的に運んでもらえる引越し業者を選ぶことです。

 

その見極めが不可能なのであれば、できるだけ多くの引越し業者から見積もりを取り、料金比較をするのが良いでしょう。

 

一口に単身と言いましたが…
単身荷物の定義は様々です。一人暮らしの単身荷を単身と思った人もいるかもしれませんが、家族荷にしては単身ということもあり得ます。

 

後者の場合、近距離の引っ越しを小さなトラックでピストン(往復)輸送を行えば、大きなトラックで一度に運ぶよりも見積もりが安くなる傾向にあります。

依頼する荷物が少量でも複数の引越し業者を比較しよう

複数の引越し業者への見積もりが良いと言っても、具体的にどの業者に声を掛ければよいか迷うかもしれません。また単身の荷物なのに、複数社で見積もりを取るとなると気分を害する業者もいるでしょう。

 

単価が安い単身で近距離の引越しなのに複数の見積もりを取るなんてやってられないと、態度が悪い営業マンは普通に想像できます。

 

そのような自体を避けるためにも便利なのが一括見積もりサイトです。あなたの条件を入力すれば複数の引越し業者へ見積もり依頼をするサイトですが、料金的に合わないと思えば引越し業者も見積もりをしないでしょうし、そもそも引越し業者側としても一括見積もりサイト経由だと分かると、比較をされるのが分かっているので最初から安い料金を提示してくれます。

 

無駄な値引き交渉を省けるので、結果的に短い時間で最安値の引越し業者を見つけることができます。単身で近距離の引越しを少しでも安くしたいなら一括見積もりを活用しましょう。

単身で近距離の引越しを格安でする方法とは

お客様によっては日程を変更することができない人もいるでしょう。また複数の引越し業者から見積もりを取ったけど、まだまだ予算を上回っている人もいるかもしれません。

 

そのような人のためにここでは少ない荷物の引っ越しの料金を安くする方法をまとめました。さらなる値引きを目指して頑張りましょう。

 

不用品を処分して荷物量を減らせば安くなる

単身の荷物であれば、ダンボールを数個減らしただけでも料金が大きく変わる場合があります。荷造り前に今一度荷物を精査して本当にこの先必要な物か見極めましょう。

 

引越し直前に荷物を整理するとゴミの回収日に間に合わないこともあるので、できるだけ早めに着手してください。大型ごみに関しては自治体に出せば処分費用も掛かります。

 

まだまだ使える物であれば、リサイクルショップやオークションを利用したり、知人にあげるなどして費用が掛からないようにするのも引越し料金を安くするうえでは大切です。

 

荷物をコンパクトにまとめて容量を少なくする

荷物のまとめ方次第では容量が変わってくる場合があります。引越し業者の見積もりは重量ではなく、容量で計算することが多いので、同じ荷物ならできるだけコンパクトにまとめた方が安くなります。

 

ダンボールはできるだけサイズを揃えることで、積み込みの際のデッドスペースを少なくできます。書籍や初期は箱入れの際に無駄なスペースが出来やすいので、衣類やタオルなどを使って箱一杯に詰め込みましょう。

 

引越し業者の契約によっては、組み立て家具を分解しておいた方が、コンパクトにまとまって安くできる場合があります。

 

様々な方法を駆使しして、荷物量の容積を減らしましょう。

 

単身パックを利用すれば割安で引っ越しできます

一人暮らしの単身の荷物の引越しは単身パックというサービスを各社リリースしています。カーゴを利用することで運べる荷物量を明確にすることで、低価格の料金で提供しています。

 

1カーゴに収まる荷物量であれば格安で引越しすることも可能です。ただし、スペース自体はそれほど大きくないためにベッドマットなどの大きな荷物がある場合はたちまちスペースを占有してしまいます。

 

実際に積み込むまでは1カーゴに収まるかどうかが分からないのもデメリットで、自分で荷物量を見極める必要があります。

 

ダンボールを自分で調達して梱包資材費用を節約する

引越し業者のサービスとしてダンボールのプレゼントは一般的になっていますが、自分で調達できるのなら安くしてくれる引越し業者もあるでしょう。

 

意外に引越し用のダンボールは高いので、枚数によっては業者としてもコストがかさんでいます。単身の荷物なら近くのスーパーでもらうのも一つの手ですが、引越しに不向きなダンボールも多いために、一番良いのは引越しした人から業者のダンボールをもらうことです。

 

大型家具・家電だけ依頼する

新居が近距離であることから、小さなダンボール類を自分で運び大型家具、家電だけを引越し業者に依頼します。

 

依頼する荷物量自体が減っていることから、引越し料金も当然安くなります。

 

ピストン輸送(往復便)で車両費を節約

単身と言っても人によって定義は様々です。少ないと思っていても軽トラでは載り切らない人もいるかもしれません。そんな時にトラックを2台で契約するよりかは、1台でピストン輸送(往復便)させることで車両費を抑えた見積もりをしてもらうことができます。

 

一般的には、引越し業者側から提案してくる契約内容ですが、もしトラック2台の見積もりが出てきたときは自分から交渉してみましょう。

 

おすすめサイト:
単身引越しの料金がプロスタッフなら格安!
https://xn--68jwsi56fp2jm2h1q6d0wbnyk.com/

 

 

近距離の単身引越しを格安にしたいなら、とりあえずなるべく多くの引越し業者をセレクトしてください。それから、それらの業者に声掛けして見積もりを提示してもらえば、どこの業者よりも安く済む業者を見つけられるのです。

引越し業者を確定するときに、引越し料金を比較するのは当たり前のことです。煩わしいと放り出さずに、キチンと比べて必要以上の出費を防ぐことが重要です。

引越し準備の際に出た不用品を処分することを望むなら、処分したい品物を引き取ってくれる業者を利用してはどうでしょうか?住居までそうした不用品を引き取るためにやって来てくれるはずですから、非常に助かると思います。

近場での引越し業者の選択には、引越しそのものよりも悩むでしょう。有名な会社だからといった短絡的な根拠で決定したりせずに、しっかり引越し業者を比較した上で決定していきましょう。

見積もりが安すぎると、反対に心配になってしまうのがピアノ運送に要される代金です。ピアノ運送の相場を把握したいのであれば、ピアノ運送をすることをメインとする引越し業者に見積もりを頼むといいでしょう。


ごく近所への引越しの荷物をまとめていたときに出てきた何年か前に買ったものなども、処分することを考えましょう。リサイクル業者に不用品を処分するのだという気分で持ち込むと、多少なりともお金になることだってあり得るでしょう。

失敗しない業者を見い出したいなら、引越し料金を比較することが大事になってきます。担当者の人柄も良く低料金なところに決めれば、気分の良い引越しができるはずです。

単身の近距離引越しについては、どこの引越し業者も「引越し単身パック」といった形でビックリするような料金を提示してくると聞きます。取り敢えず低料金な業者に依頼したいのなら、一括見積もりを効果的に利用して突き合わせてみてはどうでしょうか?

著名ではない引越し業者に頼むとなれば、誰だって不安を感じるでしょう。引越し業者の評判が載せられている口コミサイトを見れば、実際の評価がはっきりするでしょう。

単身で近くの引越しに必要な費用の相場を知りたいと言われる方は、複数の業者の引越し料金を比較してみてください。相場さえ知覚しておけば、無謀な料金を徴収されるような時も阻止できます。


単身引っ越しを近距離でしなければならない時に、荷物の量が少なく単身専用のボックスに収まるくらいだとしたら、引越し単身パックを利用することができるため、予想以上に料金を安くすることが可能だと思います。

引越しの結果出た不用品を処分するための方法として、引越し業者に託すのも悪くないと言えます。お金を掛けずに処分というわけにはいかないのですが、手間を掛けずに済むので楽だと言えます。

引越し予定の住居には必要な荷物だけを運ぶことにして、ほとんど使っていないものは処分して行きましょう。運送する荷物を厳選することが、格安で引越しをする必須要件だと言うことができます。

引越しは新年度の始まる時期にやってもらうと、料金が高額になるケースが多いです。時期を改めて引越し料金を比較してみてください。安値になることが大半です。

引越しをする為に、ピアノ運送を委託する必要性が出てきたのなら、真っ先に有名な業者に見積もりを依頼した方が賢明です。そうすることで、ざっくりとした費用相場がわかるはずです。

 


引越し業者の選定でミスをしないためにも、経験談を判断材料の1つにするのはどうでしょうか?気になる引越し業者の評判であったり引越し作業能力などを知ることができるはずです。

引越しで発生した不用品を処分したい時に、引越し業者に依頼するのも良いのではないでしょうか?支払い無しで処分というのは無理でしょうが、苦労せずに済むので気軽だと思います。

以前から使っていたエアコンをごく近くの引越し先でも使うつもりなら、エアコンの引越しをしなければなりません。業者毎に料金が変わるので、見積もりをお願いして確認した方が良いでしょう。


あなた自身の家が建っている地域の引越し専門業者の中で、どこの業者よりも信用できるところを見つけたいのであれば、引越し業者をランキング形式で紹介しているサイトをチェックしてみると良いでしょう。

引越し料金を比較することによって、どこが一番お得な引越業者かがはっきりわかります。できる限りリーズナブルにしたいなら、一括見積もりを利用して比べることが肝心です。

繁忙期とは正反対の閑散期に引越しをすることができるようなら、引越しの相場から見たら、驚くほど格安な料金で単身荷の引越しをすることが可能です。

「引っ越しをすることが確定したけれど、引越し業者を全然知らない」のであれば、引越し業者をランキング形式で紹介しているサイトを参考にして業者を選び出すことをおすすめします。

引越しをする時に生じた不用品を処分したいと考えているなら、ごみ処理施設まで直接持って行けば、料金不要で処分してもらうことができます。不用品を持ち込むのは大変だと思いますが、費用ゼロというのは魅力的だと思います。


引越し業者をランキング方式にて公開しているインターネットサイトが複数あります。「どの業者の評判がいいのか?」、「利用者の満足度が高いレベルで推移しているのはどの引越し専門業者となっているのか?」などが明確になると思います。

格安で近くへ引越ししたいと言うなら、多少無理してでも荷物を多くしないことです。大きなサイズの家具は捨てて、引越した後で購入すればよいと思います。

格安で少量の引越しをしたいと思っているなら、ひとまず最低限5社程度の引越し専門の業者をセレクトしましょう。そして、それらの業者にお願いをして見積もりを出してもらえば、もっとも割安な業者を見つけられるのです。

すぐ近くへの単身住まいの引越しの際は、家財道具が少量であることがほとんどでしょうから、業者に頼むことなく自分で引越し作業を行なうという人もいると思います。確かに費用的には安く抑えることができますが、体的にはきついと思います。

引越しに要する費用の相場がいくらなのか見当がつかないという人は、幾つかの業者の引越し料金を比較するのが良いと思います。相場さえ知っておけば、非常識な料金を求められることがあっても対処できるでしょう。

 

引越しの際に発生した不用品を処分するというなら、廃棄物処分場まで直接持ち込めば、お金を掛けずに処分をしてもらえるはずです。処分するものを運び込む為の時間と労力は必要ですが、費用が掛からないというのは魅力的です。

知っている数社に申込んで見積もりを持ってきてもらい、その引越し料金を比較検討すれば、自分の引越し費用の概ねの額が予測できるでしょう。

近いところへの単身の引越しであれば、「引越し単身パック」などを有効に利用したらすごく低料金で引っ越しすることができるでしょう。その上、業者が指定する日に引越しを行なうことにすれば、更なる値引きに応じてくれる業者も存在するのです。

引越しの見積もりと言いますのは、どんな業者もタダでやってくれるでしょう。見積もり料金を払わされる可能性はないので、オンラインの一括見積もりを活用して依頼してみましょう。

単身の引越しの場合も、荷物を積み込む車のサイズで費用が随分と変わってきます。できる限り安く引っ越ししたいと言うなら、ビッグサイズの家具の運搬は中止にするしかありません。


料金が高くても、サービスが良質だとすれば、むしろその方がお得だと言えます。引越し業者を比較する時に、サービスに関しても入念に吟味した方が良いでしょう。費用が安くても、抜けが多いサービスだとしたらお得感が高いとは決して言えません。

引越しの業者に見積もり額を提示してもらうといった場合は、それに先立って少なくとも3〜4社の業者を選出しておいて下さい。引越し業者を比較して初めて、それぞれの業者の特長が掴めます。

近所への引越しの相場については明確なものはなく、それぞれの業者で変わってきます。引っ越しに必要な費用が一番高い業者と一番安い業者では、7〜8万円ほどの差が出てくることもあるわけです。

今後使うことだってあるかもしれないというような品物は、どうせ使うことはないと言って間違いありません。格安で引越ししたいのなら、引越しを良い機会だと考えて必要と思われないものは処分しましょう。

一人世帯なら運ぶ家財道具も少量ですから、「引越し単身パック」などを利用したら割合低料金で済みますが、もうひとつ割安価格にしたいのであれば、引ぅ越しの見積もりを頼むとよいでしょう。


エアコンの引越しも望んでいるのであれば、引越し業者に見積もりを頼むという時に、その旨を伝えましょう。引越しする日になって追加すると、割増料金を要求されます。

10km圏内に単身の引越しをするという時に、荷物が少ししかなくて専用のボックスに収められるくらいなら、引越し単身パックを利用することができるため、けっこう金額を抑えることが可能になるでしょう。

引越し業者をランキングのスタイルで掲載しているサイトがウェブ上にあるのですが、目にしたことがありますか?ランキング1位のところは、全項目で高い点数を取っていることが分かると思います。

安心&低料金の引越し業者を見つけるには、インターネットの一括見積もりを活用して引越し料金を比較することが必要不可欠でしょう。1つの業者の見積もりを手にしたところで、適正と言うことができる引越し費用がいくらなのか分かるはずがありません。

引越し料金を比較すると、どこが一番割のいい業者かが明白になります。ごく僅かでもリーズナブルにしたいなら、オンラインの一括見積もりを利用して比較することが必要です。

 

一括見積もりを有効に活用して、できるだけ多くの引越し業者に見積もりを依頼した方が良いでしょう。業者それぞれで金額はまるっきり違ってくるのです。引越しの相場を理解しておけば、安いところを選択することも簡単だと思います。

引越しをすることになり、ピアノ運送を委託する必要性が出てきたときは、まずもって名の知れた引越し専門業者に見積もりをお願いしましょう。それらの見積もりを比較すれば、ある程度の費用相場が把握できると思います。

一戸建ての家のときは、エアコンの総数が多くなるため、エアコンの引越しをするつもりなら、引越し専門の業者に確実な見積もりを出してもらうことを忘れてはいけません。

引越し業者に見積もりをしてもらうという場合は、まずいくつかの業者をチョイスしておくことが要されません。引越し業者を比較することで、各々の業者の強みが見えてきます。

ご近所に引越しをする予定なら、引越し業者に依頼することをお勧めします。引越し業者につきましては、「名の通った会社だから良い仕事をする」とか「マイナーな会社だからダメ」とは限らないのです。引越し業者を比較して選びましょう。


安い料金を掲示している業者が、真にサービスが良いかどうかを確認したいという気持ちがあるなら、引越し業者の評判が読み取れるレビューサイトを読んでみればよいと思います。

引っ越しの準備中に出た不用品を処分したい場合は、要らなくなったものを回収してくれる業者に委託するといいと思います。住んでいる住宅までその不用品を引き取るために訪ねて来てくれますので、大変な思いをしないで済みます。

近距離への単身引越しの相場を理解しておくことは必須だと言えますが、たとえ少しばかり見積もり金額の高い業者でありましても、交渉を持つことにより、引き受け価格を値下げしてくれるところも存在します。

引越しの際に出た不用品を処分する方法として、引越し業者にお任せするのも良いのではないでしょうか?完全無償で処分というわけにはいかないのですが、全く苦労しないで済むので楽チンだと言われる方がほとんどです。

今までずっと世話になってきたエアコンを新しい家でも使用しようと思うなら、エアコンの引越しも必要になります。専門業者による工事が必須なので、数万円単位のお金を準備しなければなりません。


単身の引越しに関しましては、どの引越し業者も「引越し単身パック」という形で格安な料金を提案してくれるようです。とにかく安い料金の業者に依頼したいのなら、一括見積もりを利用して確認してみればよいのではないでしょうか?

割と近場への単身の引越しだったら、「引越し単身パック」などでお願いすればビックリするような低料金で引越しできます。それどころか、業者が暇な時節に引越しを行なうというふうにすれば、もう一声安くしてくれるところもあるのです。

たぶん使わないであろう家具や電化製品を引越しする住まいまで持って行くのは止めることをお勧めします。格安で引越ししたいと思っているのなら、できるだけ荷物の量を少なくする必要があるでしょう。

全国に支店があるような引越し業者は多くの人々が使っていますので、口コミも豊富に揃っています。口コミを読めば、これらの引越し業者の評判を理解することができると考えます。

多数の業者に申し入れて見積もりを提示してもらい、その引越し料金を比較して初めて、割とわかりづらい引越し料金の大体の額がわかるでしょう。